dialog-box

Title
dialog-box
Type
Function
Arguments
dialog-box TEMPLATE INITIAL-VALUE CHECK-OR-DISABLE
Package
editor
Section
ダイアログ
File
builtin.l
ダイアログボックスを表示します。ダイアログはdialogで定義されたものを使います。

  TEMPLATE :
      lispの形式で記述されたダイアログテンプレートを指定します。
      詳細は、関数dialogを参照してください。

  INITIAL-VALUE :
      エディトボックス等に入れる、文字列などを指定します。
      特に指定しない場合はnilでもかまいません。

  CHECK-OR-DISABLE :
      チェックボックス等の初期選択状態を指定します。
      特に指定しない場合はnilでもかまいません。

戻り値は、多値なので、multiple-value-bind等で受け取る必要があります。1番
目の戻り値は、cancelボタンが押されたらnil、okボタンが押されたらtが返ります。
  
使用例:
  ;;; テスト用のダイアログを定義します。
  (setq *test-dialog-template*
    `(dialog 0 0 300 100 
             (:caption "について")
             (:font 9 "MS Pゴシック")
             (:control
              (:static nil nil #x50020003 7 7 18 21)
              (:static nil ,(concat "XYZZY version "
                                    (software-version))
               #x50020000 34 7 92 8)
              (:static nil "Copyright (C) 1996, 97 T.Kamei"
               #x50020000 34 17 92 8)
              (:button IDOK "OK" #x50010001 52 35 36 14))))

  ;;; テスト用のダイアログを表示します。
  (defun test-dialog ()
    (interactive)
    (dialog-box *test-dialog-template* nil nil)
    t)
Seealso
dialog