create-menu

Title
create-menu
Type
Function
Arguments
create-menu &optional TAG
Package
editor
Section
メニュー
File
builtin.l
新たに作成した空のメニューを返します。

  TAG : 識別用のタグを指定します。

メニューの中身は空なので、以下の関数で登録必要があります。
中身を動的に作る必要が無ければ、 define-menu を使用した方が良いです。

  add-menu-item         : 項目を追加します。
  add-menu-separator    : セパレータを追加します。
  add-popup-menu        : ポップアップメニューを追加します。
  insert-menu-item      : 項目を挿入します。
  insert-menu-separator : セパレータを挿入します。
  insert-popup-menu     : ポップアップメニューを挿入します。

作成したメニューは以下の関数で使います。

  set-menu       : 標準のメニューとして設定します。
  use-local-menu : バッファにローカルなメニューとして設定します。
Seealso
create-popup-menu
define-menu
set-menu
use-local-menu