autoload

Title
autoload
Type
Function
Arguments
autoload FN FILE &optional COMMANDP MACROP
Package
lisp
Section
関数
File
misc.l
関数が呼び出された時点でファイルをロードするよう宣言します。

  FN       : 関数シンボルを指定します。
  FILE     : ロードするファイルを指定します。
  COMMANDP : 実行するときに interactive に実行するかどうかを指定します。
  MACROP   : マクロかどうかを指定します。

FN が既に関数として定義されている場合はなにもしません。
定義されていない場合は新たに関数を作って FN の一時的な定義とします。この
関数は初めて FN が呼ばれたときに実行され、指定されたファイル FILE から本
来呼び出されるべき FN の定義をロードします。もし FILE 中に FN の定義が存
在しなければエラーとなります。

関数を呼び出す側からは、元々そのファイルがロードされていたかのように実行
を続けます。めったに使わない関数を autoload で宣言しておくとメモリ消費
量を節約できます。また、起動時にファイルをロードしないので起動が速くなり
ます。

使用例:
  ;;; defs.lより
  (autoload 'search-dialog "dialogs" t)
  (autoload 'replace-dialog "dialogs" t)
  (autoload 'count-matches-dialog "dialogs" t)
  (autoload 'goto-line-dialog "dialogs" t)
  (autoload 'open-file-dialog "dialogs" t)
Seealso
mc-autoload
autoload-function-p
各種ロード関係の関数の違い